スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tomの相棒「毒」について









皆さんこんばんは~^^





なんだか久しぶりの連続更新

・・・・・・・ちょっと落ち着きます、やっぱり・・w


はじめは大変だったFC2での記事作成も、この頃慣れてとても快適


苦手な文章で組み立てなければいけないというのも今になっては全く気になりません

やっぱりあれなのかな・・・・、何かを造るということ自体が好きなのかもしれませんね

だから時間がいくらあっても足りなくなってきてしまうわけなのですけれど・・・・・w^^;


ただ毎日毎日、非常に楽しく充実してございます

これがずっと、続いてくれたらもう他に望むものはないんですけどね

何とか維持してゆけるように、がっつりと 前に進もうと思います












さてさて、本日もここからMHFのお話







mhf_20091105_202018_500.jpg







しばらく前に

「毒というのがどれほど効果があるのか実験する」なんて、発表したと思うのですけれど

あれからしばらく一人で狩りに出ておらず・・・・w結局こんなに先伸びてしまいました^^;

まったくなぁ・・・・・ほんとうに、ごめんなさいね のんびりしすぎて;










さて、この毒という属性

ここへ来てくださっている皆様ならばもしかしたら分かってくださっているかもしれませんけれど・・・

tomはですね、この毒 かなり大好きでございます

過信しているといっても過言ではございません・・・・w


炎、雷、麻痺、催眠


あらゆる属性が苦手で嫌い、無属性ばかりを手にしてきたtomでしたが

ある日偶然手にした毒の武器・・・・・

なにだったかは思えておりませんけれど、始めて毒を手にした瞬間 tomは毒のとりことなりました

今となっては毒無しでは戦いきれない、必要不可欠な物となっております







こんなに大好きな毒を、皆様にももっとご紹介したい と思うと同時に・・・・・


自分でも、いったい毒がどれほどの力を持っているのかが知りたい、なんて思いましてw

早速挑戦してまいりました


今回のターゲットはモノブロス亜種

個体差がどれほどあるのかtomは知らないのですけれど、体感的にはさほど差はないのかな?

そして何より、前回のブレイブハート以来 モノブロスと戦うのが好きになってしまいましたし・・・・w








mhf_20091105_202914_218.jpg







さて、まずはアサシンカリンガでの挑戦


結果から先に、18分での討伐となりました



ちょこっと早く倒せたかなぁ・・・、珍しくガレオスたちが絡んできませんでしたので

すいすいとモノを攻撃することが出来ました

やっぱりあれだなぁ・・・アサシンカリンガって、いつもの緑ゲージよりも鋭い感じがするなぁ・・・・w


ハンターナイフ一派から、アサシンカリンガへと 始めて派生させたときに

「なんだ・・・・この切れ味は・・・・」と、非常にショックを受けた覚えがございます

確かあれはレイアと戦っていたときだったかなぁ・・・・・

そのとき始めて、尻尾を切ることに成功したのを鮮明に覚えております



・・・・・・アサシンカリンガって・・・なにか特殊な能力でも隠されているんですかね?w











おっと、話がそれました;



さて、お次はアサシンカリンガに毒を追加させた性能の デッドリィポイズンで挑戦





mhf_20091109_203650_906.jpg






このクエストではですね・・・アサシンカリンガの時とは違い ガレオスさんたちが本気を出しておりました

tomが研ごうとしようものならすかさず砂ブレス

モノの脚をすくったと思ったら、砂ブレス

事あるごとに砂ブレスを撒き散らしてゆき、何事もなかったかのようにコースに戻って泳ぐガレオス




(・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・次の挑戦はガレオスを標的で決まりですね・・・・ボソ






しかし、そんなごたごたの中でもやはり毒の力は偉大でございました

討伐タイムはアサシンカリンガをぐんと引き離して11分

ガレオスがもしもいなかったら、10分を切れていたかもしれませんね





アサシンカリンガ戦もデッドリィポイズン戦も、戦い方はもうほとんど同じ

ただデッドリィポイズンを使っているときには盾コンボを頻繁に使っておりましたので ほんのりとした差はあったと思います







やっぱりなぁ・・・・・・

この7分の差というのはとんでもないと思うんです


攻撃力は同じで、手数だって そうそう変わりはないはずですもの

違うところは毒があるかないかだけ

本当に、毒というのは心底頼れる兵器です・・・・









mhf_20091105_200624_765.jpg









さて・・・次はどこへ行って毒の力を試してみようかなぁ・・・


今回はクエスト時間が両方短めでしたので7分の差でしたが

クエストが長引くほどに力を増すのが毒の恐ろしさ

今度はもう少し、タフな相手で実験してみたいと思います



・・・・・何がいいかなぁ・・・

皆様、アイディアがございましたらばtomにお耳うちを・・・・w





・・・・・・・・・・ただ、あれです アサシンカリンガで倒せそうな範囲内にしてくださいね?w


う~ん、・・・・・どこへ行こうかなぁ・・・・・





















スポンサーサイト

テーマ : モンスターハンターフロンティア
ジャンル : オンラインゲーム

攻めの要「コロン回避」









皆さんこんにちは~^^




今日から少しずつ、tomの立回りについて 文章に起こしてゆきたいと思います

今までなんとなく避けてきたんですけどね^^;

普段物事を言葉で考えておりませんので、自分の中にあるものを言葉として表へ出す時に とても考える必要があるんです

・・・・だから絵を描いているんでしょうね、あれは言葉以外のもので表現できますからw


ブログを書き始めたというのは、「狩りの思い出を残したい」というのももちろんありましたが

苦手である言葉という表現方法、これをなんとか上達させたいという目論見もあったんです

まだまだ考えながらでないと、1行も書けないんですけど^^;;;;;




今まで避けてきましたので、tomの立回りについては「だいたい」や「なんとなく」で済ませてきたと思います

これでは自分が読み返したときにも分かりませんし、見に来てくださっている皆様にも その部分が抜け落ちて伝わってしまっては・・・

「クエスト開始前(使用する武具やスキル、アイテム)」と「クエスト終了後(討伐タイム、3死タイム)」の間にあるはずの

「狩りそのもの」が今まで空白になってしまっていましたから

伝わりにくかったですよね;

何せ空白ですからw動画もないし、想像していただくより他なかったと思います


・・・・・・・自分で読み返してみて、「なんでこのタイムで討伐できたんだ?」なんて思ってしまったんですよw

なんとも分かりづらい日記だなぁと反省です;

なのでこれから少しずつ、この空白を埋めてゆきたいと思います^^;







先ずはtomの立ち回りの攻めの要「コロン回避」をご紹介したいと思います


「コロン回避」というのは、「前転」と呼ばれる回避アクションのことです(PSコントローラーでいうところの「×」ボタン

「コロン回避」とか・・・・・もうすでに分かりにくくなってきてますけど^^;;;この当たりはお許しください;

「前転」というのは‘今’調べてはじめて分かってことでw今までずっと「コロン回避」と呼んできましたので、そちらで使わせていただきます



この「コロン回避」、通常は回避用アクションなのですが

tomの中では「回避」=「攻撃」という形が成り立っております

「回避」は守りではなく「攻め」、安全に身を守りたいのなら ガードすればいいですよね?

「回避」というのはその場を凌ぎたいから使うのではなく、「回避後攻めたいから」使うんです


ですので、確実に身を守りたいときに「回避」するということはtomはしません

守りたいときは「ガードする」、これ一択

攻めの始まりが「コロン回避」これが今回の立ち回りの大前提となります





この「コロン回避」を多用するポイントは・・・・全モンス分挙げれば限がないので、今回はラージャンに絞って挙げてみます



・デンプシー(一歩参照)攻撃 短・長

・ボディプレス 大・小

・回転攻撃(甲殻種の爪グルン攻撃に似たやつです^^;

・飛び掛り攻撃




この4点

全部避けやすいモーションですので、皆様きっと「なぁんだ、それだけか」とお思いになられていると思いますが・・・

そうなんですwtomはこんなものなのです^^;;;;;;

これは全モンス共通で「どんな時でも避けられる攻撃」に対して「コロン回避」を使用し

その後は「すぐに攻めに入る」

これによって初めて「コロン回避」を使用した効果が現れます






さて、この「コロン回避」を成功させるポイントですが・・・・・

「ハードルを飛び越える感じ」と似ています


あれって前もってジャンプしても、脚のどこかしらが引っかかって ハードルを倒してしまいますよね

でも、引き付けて引き付けて 直前でジャンプすれば無事に通過できる

あの感じに似ています


幸いなことに、動いてくれるのは画面の中のパートナーさんですからねw

自分はとにかく、時が来るのをじっとこらえていればいいんですw^p^

特に牙獣種独特のボディプレス、これは十分に引き付けておかないといけませんね

ダメージ判定に地震も発生しますから

両方を掻い潜るには、「引き付けてコロン」これが大切です


この「引き付けてコロン」が身についてくると、ヴォルの垂直ピョン攻撃や レイアの火球攻撃

終いにはグラの薙ぎビームまで回避可能となってきます





ただこれの厄介なところは、すぐに感覚が狂うというところですね^^;;;;

なんでも大抵そうですが、準備運動というのは大切です

先ずはやられる気持ちでウォーミングアップして、本番は感覚が戻った後で


準備運動もせずいきなり本番に挑んでミスが続いたりすると「あぁ・・・自分には出来ないんだ」

なんて、とてもブルーになってしまいますから・・・・・・tomの場合はですけどww^^;;;

本狩りに出る前に準備運動 これは大切ですw


・・・・・・だからイャンクックはいつまで経っても先生なんでしょうねぇ

tomはもっぱら、イャンクック先生の胸をお借りしていますw

コロンも含めて全ての調整が出来ますからね、ほんとに素晴しいモンスターだと思います








さて、「コロン回避」について 少しだけでも伝わりましたでしょうか?

攻撃のための「コロン」であり、「コロン」こそが攻めの始まり

身を守るのは盾で十分、「コロン」は隠れた兵器なのです






次回、いつになるかはまだ分かりませんが、「コロンの後の斬り上げモーション」を解説してみたいと思います

コロン回避後の攻めはこれで決まり、コロンと斬り上げはセットなので 今ここで書いてしまうのがいいのですけど・・・・・



すでに頭がパンクしそうなので、今回はここまでで終わりにしたいと思います^^;;;

何とかならないかなぁ、この頭w

なるべく早めにまとめたいと思いますので、もしもこれをお読みになってくださった方が居られましたら

もうしょうしょう、お待ちくださいね











テーマ : モンスターハンターフロンティア
ジャンル : オンラインゲーム

FC2カウンター
リンク
プロフィール

Author:tom
はじめましての皆様、はじめまして。

いつもおいでくださっている皆様、本日もどうもありがとうございます。


片手を握って早3年・・・
まだまだ新米ではありますが
日々精進してまいります^^
皆様どうぞ宜しくお願いいたします。



ゲーム・ブログ・ランキングさんに参加させていただいております

お気に召しましたらば↓をポチっとしてくださいませ^^

MHF・ブログ

最近の記事+総記事数
全タイトルを表示
カテゴリ
オセロ
強めのオセロ
by Orfeon
クリスマスカウントダウン
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
クリックすると・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。